早漏治療薬は射精中枢の健全な働きを直す薬です

女性器と男性器は同じ性器ではありますが、その形や構造、性質は全くの別物です。
あくまで比較した場合においてですが、男性器の方が構造的にシンプルになります。
男性器の役割は子孫を残すために、精子を発射する事です。
亀頭や陰茎には細かい神経が網の目のように、
張り巡らされており、そこは男性皆が敏感に刺激を受ける部位です。
その周辺に性的な刺激が加わる事で、射精中枢に指令が伝達され、カウパーが分泌、潤滑油を得た亀頭はさらに刺激を受ける事でやがて射精に至ります。
同じ男性でも射精中枢に指令が伝わる速度は個人によって異なります。
ちょっとした刺激で射精中枢に指令が上がり、
そのまま反射で射精してしまう男性もいれば、
大量の性的刺激を長時間受けているにもかかわらず、カウパーや精子がまるで排出されない方々もいらっしゃいます。
反射的に射精に至る男性は一般的にPE体質とされ、早漏治療薬の摂取が推奨されています。
EDを直す薬と早漏治療薬は基本的に別物ですので、
勃起不全の医薬品を飲んでいる方も、早漏に悩んでいる場合は新たに早漏治療薬を入手すべきです。

健全な男性は平均的に5分から6分程度は、下半身からの刺激に耐えられます。
早漏の定義は専門家によって揺らぎが存在しますが、
女性器に入れた瞬間、反射的に精子があふれ出る方は、早漏であるリスクが高く、早漏治療薬の支援が必須です。
早漏を直す薬には、セロトニンの量を健全にする作用が備わっており、行き過ぎた緊張や興奮、不安による心因性PE症の改善を促進します。
交感神経とセロトニンが正しく作用する事で、
無闇な射精を我慢するといった健全な射精中枢の改善が図れます。
心因性PE症は年齢などに関係なく、
過度な心労やワーカホリックで顕在化しますので、自覚症状を感じ次第、直す薬の取り寄せを考えなければいけません。